転職を考える、その時・・・

IT業界は転職の多い業界です。その時、感情的に行うと転職の繰り返しになってしまうことも。。。。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

WEBデザイナーとは、どういった仕事?

ITがどんどん普及し、今ではITに関わる仕事をしている方も多くなってきました。中には、IT関連の仕事へ転職したいと考えている方もいるのではないでしょうか。そんな、ITに関わる仕事の中には、WEBデザイナーという仕事があります。聞いたことはあるけれど、具体的にどういった仕事をしているのか分からないという方もいるかもしれませんね。
では、WEBデザイナーの仕事についてご紹介しましょう。まず、WEBデザイナーの仕事は、ホームページを作るための知識と技術が必要となります。国家試験などありませんので、ホームページ作りが好きという方、デザインが好きという方であれば、どなたでも転職、就職することができる仕事となります。しかし、実際には誰でもなれるわけではありません。

WEBデザイナーになるには、
・ホームページ作成の知識、技術があること
・デザイン力があること
・オリジナルのデザインを作ることができること
・当然、他の方が作成したホームページを引用することはできません

これらをクリアすることができれば、今まで他業種にいた方でも転職、就職できる可能性はあります。デザインは好きだけど、ホームページの知識や技術がないという方は、学校などで学ぶことも出来ますし、中には独学で勉強されている方もいます。好きなことであれば、どんどん知識が入っていくのではないでしょうか。
WEBデザイナーの仕事は、手に職をつけることのできる仕事ともいえます。また、これからどんどん進化していく業界でもありますので、やりがいを感じることのできる仕事といえますね。その分、常に新しく変わっていくソフトを使いこなしたり、デザインの勉強をするなどの必要はあるでしょう。

(出典)WEBデザイナー辞典

Write a comment