転職を考える、その時・・・

IT業界は転職の多い業界です。その時、感情的に行うと転職の繰り返しになってしまうことも。。。。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

初めての仕事

求人情報をみているとインフラエンジニアの求人で「未経験可」というのがあります。
意外と未経験者を募集している企業が多いのですが、インフラ未経験で果たして可能な仕事なのだろうかと思わず首をひねってしまいます。確かに未経験でも出来る仕事はあるでしょう。

たとえばデータベースのバックアップやリストアップですとか、エラーログの監視などもインフラエンジニアの仕事といえば仕事内容だと思いますし、決してこのような業務内容を軽んじているわけではなく、これらの業務も必要不可欠な業務内容であることに変わりはありません。ですがキャリアとして上げるには少々物足りなくも感じます。

勤務している企業の体質にもよるのだと思いますが、既存の業務をしながらスキルアップに繋がるような業務を体験させて貰えれば従来の業務をしながらスキルアップも可能だと思いますし、他の資格にも繋がるかと思われます。
ですが入社してから誰かのサポート的な仕事しか携わる機会がなかったり、エラーログ監視などが主な業務内容であれば仕事をしながら勉強をする時間を作りだすことも難しい状況になってしまいかねません。

入社して半年、一年と業務内容が変わり映えしないようであれば上司に相談してみるのも良いでしょう。
業務内容に変化がなければいずれは転職を意識する時期が訪れるかもしれません。
その時に年齢に合わせたスキルが身についていないと、転職の時に不利になりますし、自身の為にも良くないからです。
特にエラーログ監視などをしていると、他の業務をする時間がなくなりますので、企業にとって都合の良い人材になりかねません。
アルバイトでも可能な業務と、そうではない業務との違いをしっかりボーダーをひくことで、自分のキャリアに繋がる仕事をするように心がけておかなくては長続き出来ないことを知っておくべきです。

Write a comment