就職と会社の人数

会社を選ぶ場合従業員の人数は誰もが気にすることだと思います。大企業は安定感がありますし福利厚生もしっかりしています。研修制度も充実していることが多く社内規定も完備しています。多くのセクションがあり自分で仕事を選ぶことはできませんが、人事異動によってさまざまなな仕事を経験することができます。

少人数の会社は経営者の意向がそのまま反映されることが多く、人間関係で緊張を強いられることが多いようです。待遇面も大企業と比べると悪い場合がほとんどです。ただ家族的な雰囲気な面はメリットとしてあげられますし、個人の裁量権が大きいのも特徴です。移動や転勤もなく上手く会社のカラーに溶け込めれば居心地良く勤務できるでしょう。

ITベンチャーの場合は会社を興した仲間の一人を代表者とする場合や、会社を立ち上げた人を共同経営者として列記する場合などがありますが、一人の経営者の独裁ではなく、多くの社員の意見が経営に反映されることが多いと考えられます。ある程度会社で実力を蓄えて転職する人や独立する人も出てくるでしょう。最近ではSOHOという形態で簡便に起業できる機会も増えました。

ITの場合はひとりひとりが技術を身につけているので、フリーランスという選択もあります。人間関係で悩まされることもなく、自分のペースで仕事ができるので自己管理がしっかりできるひとであれば最適の業務形態といえるかもしれません。
このように、大企業、中小企業、フリーランスどれをとっても一長一短ですが、適性や雇用情勢なども考慮してして選択すると良いでしょう。

この説明を受けても悩んでいる人は、今すぐ辞めたいWebエンジニア向け転職悩み相談室を見てみましょう。IT業界の代表職種:WEBエンジニアについての説明にはなりますが、かなり参考になると思いますよ。

Leave a Reply